鶏肉

【丹波地どり】

生産地:兵庫県丹波市

明るく風通しの良い開放鶏舎で1坪辺り32羽のゆったり飼育、長期飼育と適度な運動が程よい食感とコク、旨味を生んでいます。
全期間、ワクチン以外無投薬で飼育していますから安全で安心してお使い頂けます。
適度な歯ごたえと甘みがあり、鍋物や塩焼きに適しています。

特徴

  1. 地鶏専用の全期間薬品無添加の飼料、カテキン、乳酸菌、オリゴ糖などを添加した100%植物性原料の専用飼料です。
  2. 雄を主体にしているため低カロリー・低コレステロールの肉質である。
  3. 飼育日令85~90日のために肉質に「コク・ボリューム・歯ごたえ」がある。
  4. 新鮮・衛星・安全・安心です
  5. 鶏肉の薬剤残留が少ない
  6. 保水性の高い良質肉でジューシーです。

美味しい召し上がり方

水炊き

土鍋に昆布出汁を作り丹波どり・白菜・葱・糸こんにゃく・三つ葉・焼き豆腐などを入れて炊き、ポン酢・大根おろし・薬味等を入れてお召し上がり下さい。

鶏すき

丹波どりの薄切り、レバー、砂肝、皮を用意し、季節の野菜を炒れ牛すきと同じようにします。

たたき

丹波どりを網で魚を焼くように焦げ目をつけ、冷水に入れてよく冷やし、水切りして薄く切りポン酢・紅葉卸をいれてお召し上がり下さい。

情報提供 小嶋家
大阪市中央区日本橋1丁目16-10
TEL:06(6641)2217

【黒鶏(くろどり)】

地鶏ブームの昨今ですが、その前に忘れてはならないのが”ブロイラー”だといもいます。以前、鶏肉は農家で飼育していたニワトリに1年~1年半ぐらい卵を産ませた後、食肉用としておりましたので肉質が固いものでした。

当時の柔らかい若鶏は、半年ぐらいの鶏で卵を産む前のものですから非常に高価なものでした。そこで登場したのが”ブロイラー”です。卵から孵化してわずか90日で、従来の鶏の1.5倍の大きさになるので肉質が柔らかく低価格であります。

経済成長過程での我が国でも急激に普及していき、以後40数年消費量も増大してきました。また、過去20数年ブロイラーの物価は上がっていません。それは養鶏場の技術向上や飼料の改善、消費量の増大によるものです。このようなものがかつてあったでしょうか?これは私達の動物性タンパク源として、画期的な革命と私は思います。

さて、経済的にゆとりが出来てきた現在、「もう少し美味しい鶏肉を」との要望で登場してきたのが”地鶏”です。当店でも十年位前から地鶏に取り組み、名古屋コウチン、軍鶏(シャモ)、ブリモウス、日向地鶏といろいろ取り扱いました。

ある時、味にこだわっているという但馬の人が来て、世界で一番美味しいとされる黒鶏をフランスで発見し、但馬で養鶏いているが絶対に自信があるから当店で扱ってほしいといわれ販売したところ、非常に好評でお客様も増えていき、今ではこの黒鶏の専門店が4~5店舗出来ました。

この黒鶏の味はキジ肉とよく似た味で、もも肉は鍋物にはもちろん塩焼き・照り焼き・から揚げなど何に使っても美味しいのですが、少量のお酒を入れるのがさらに美味しく食すコツです。

また、胸肉も味があるので生で薄く切り、キューリ・大葉を巻き梅肉で食べると絶品です。また、胸肉のピリ辛揚げはコクがあって美味しいです。皆様、一度ご試食してください。必ずご来店いただけると自負しております。

情報提供 チキンショップ マルチク
大阪市中央区日本橋2丁目3-2
TEL:06(6643)0500